スケジュール
お申込み・お問合せ

KaQiLaブログ

50万人が絶賛!自分でカラダの痛みやコリを取る方法!

実録!高齢者施設の現状~コロナで制限の多い生活がもたらす心身への影響~

【ブログ:50万人が絶賛!自分で体の痛みやコリを取る方法!】
数々の高齢者施設でカキラのレッスンを行っている山口智美だからこそ綴れる。
記事:実録!高齢者施設の現状~コロナで制限の多い生活がもたらす心身への影響~
記事より
—————————————————————————–
「人は週に一度でも外部からの刺激を
体や脳へ行うことで
老化を遅らせることができるんだなと
改めて思いました。」
—————————————————————————–

毎週、運動をしていた高齢者の方々が

約2年半運動をしなくなると

どうなるのでしょうか?

 

体の変化、記憶の変化など

私が実際に感じたこと気付いたことなどを

書いていこうと思います。

毎月

第2・第4土曜日のブログを担当しています、

THD,Japan~日本総合健康指導協会~

認定カキラリストの山口智美です。

 

[:contents]

 

コロナ前の高齢者施設の入居者さんの現状

 

 

私の仕事は高齢者施設での運動指導です。

 

たくさんの施設にお邪魔して

そこにおられる入居者のみなさんが

 

なんか楽しいとか運動後は元気になるなど

心が反応するようお伝えしています。

 

ある施設は私が担当して

約7年になります。

 

その7年間で積み上げてきたものは

 

・初期の認知症が進まないように

脳へ血液を送ること。

・入居者さんの運動機能の維持

・認知症にならないように脳を鍛える

 

そして何よりも大切にしているのが

 

「山口智美という人を覚えてもらうこと」

 

地道に毎週、毎週同じことを行い、

同じ言葉かけをして、同じ服をきて

とにかく毎回同じを意識しました。

 

約2年後たったときには

ほとんどの方が

私の名前を覚えていないけれど

存在は覚えてくださるようになりました。

 

「あのピンクの服の人ね」

 

たったこれだけのことが

とても嬉しかったことを

今も思い出します。

 

その一年後には

体の動かし方、動く順番なども

覚えてくださるようになり、

 

いくつになっても

学習能力は向上するんだと

思っていました。

 

その積み重ねがコロナ自粛で

どう変わったのか不安を抱えて

再開した施設へお邪魔しました。

 

 

コロナ後期の高齢者施設の入居者さんの現状

 

施設へ一歩足を踏み入れて

 

スタッフの皆さんの第一声が

 

「みなさん、すごく楽しみにされていますよ」

「みなさん、自粛でストレスたまっているので

元気の注入をお願いします」

「ちょいハードなレッスンをお願いします(笑)

みなさん、運動に飢えていますので~」

 

正直、2年半という期間の長さが

私を緊張させ、プレッシャーになり

できるのだろうか?どうすればいいのか?

どのパターンのレッスンでいけばいいのか?

 

などなど、始まる前からドキドキ。

それに、

2年半前の入居者さんたちはいるのだろうか?

覚えてくれているのだろうか?

 

そして当日、施設にうかがうと

 

想像していた通りの言葉をいただきまして。

 

「あんただれ?声かけないで!」

「ほっといて」

「何か用?私運動しないから」

「よくわからないし、

言っていることもわからない」

 

そりゃ~そうですよ、

初めてお会いする方ばかりですから。

 

完全に振り出しに戻りました・・・

 

 

コロナ中の高齢者施設の入居者さんの現状

 

 

スタッフの方が早く運動を再開したいと

願っていた理由の一つに

高齢者の行動意欲の低下がありました。

 

レクリエーションが全くなくなった施設で

どのように過ごされていたのか聞くと

 

部屋にこもりっきりになり

誰とも話さず、笑わず、テレビを見て

暇があればベッドで寝ている生活を

されていたようです。

 

この生活が長く続いていくと

 

会話が成立しなくなり、

視線が合わなくなり

天井をずっと見続け

反応がなくなってきたそうです。

 

これではダメだということで

スタッフの皆さんで試行錯誤しながら

とにかく部屋から出てもらうことを

行っていたそうです。

 

ですが、それも限界があったようで、

マンネリ化してしまい、

困り果てて外部から講師を招いて

レクリエーションを再開するという

結論になったそうです。

 

すぐに運動から始めようと

私の所属する会社に連絡を

いれてくださったとのことです。

 

運動指導をする人は

常に喜んでもらうために何が必要なのかを

考えながらレッスンを行っています。

 

私の運動資格はこちら↓

 

www.kaqila.com

 

 

スタッフの方々の苦労もわかるので

いつもよりもゆっくりと時間をかけて

呼吸メインのレッスンを行いました。

 

 

コロナ後期の高齢者施設のレッスン後で奇跡が!

 

 

初対面の方が多かったのですが

数名は以前に受けてくださっていた方がいて、

しかも覚えてくださっている人もいて

とても嬉しかったです。

 

その方は

「長いこと、会えなかったからやっと会えた!」

「これからまたよろしくね」

 

この言葉だけで心の緊張がほぐれます。

 

また、以前受けてくださっていたけれど

私のこともも運動も

忘れている方も数名いました。

2年半は長いじゃないですか。

私も忘れることありますから。

 

それでも思い出してほしくて

呼吸をメインにじっくり感じながら

この施設で初期に行っていた構成で

レッスンをお伝えしました。

 

今までの経験上、

レッスン15分くらいから集中力が高まり

思い出してくれるのではないか・・・

 

漠然と思いつつ、いつもと変わらず

同じ声のトーンとスピードでおこなったとき、

今まで忘れていた方々が

動きを始めると思い出したかのように

率先して動いてくださる!

 

こんな経験は初めてでした。

 

私がお伝えしているメソッドは

誰でも簡単にできて効果がある!

と思います。

 

シンプルな動きとリズミカルな動きが

ミックスされていて

しかも内容は毎回同じです。

 

だからこそ、安心して受けてくださるのです。

 

「これ知っている!」

たったこれだけのことがとても重要だったりします。

 

そして

私というよりは運動を覚えて

くださっていたことが嬉しかったです。

 

その方々の心の記憶に運動の楽しさが

残っていたから、思い出してくれたと

私は思っています。

 

もちろん、なんの根拠もありません。

私の感じたままの話ですから

違うこともそんなことあるわけない

そう思う方もおられると思います。

 

それでも、

私は私の感じたことを信じたいなと思います。

 

 

まとめ

 

 

人は週に一度でも外部からの刺激を

体や脳へ行うことで

老化を遅らせることができるんだなと

改めて思いました。

ろっ骨から体を整え、
心身ともに
楽になるエクササイズKaQiLa~カキラ~
一緒に楽しみましょう!

カキラは深い専門性に由来した健康メソッドですが、難しいことは抜きに、
受講者は楽しみながら動くだけで効果を実感できます。

現在ベルリンにて開講中の教室は、全ての教室で体験レッスンをご用意しています。
是非一度、レッスンを体験していただき、ご自身で効果を実感してみてください。

お申込み・お問い合わせ