書道とカキラ

私のクラスのお客様に、

書道をなさっている方がいらっしゃいます。

その方が、レッスンの後で、

「カキラの動きは、書道に似ている。」

とおっしゃられました。

どう意味だろうと思い、伺ってみました。

書道の筆運びが

カキラの動きに似ているそうです。

書を書く時、

筆を止めたり、筆を持ち上げたり、向きを変えたりなど、

一画の始めであり、終わりである動きがある。

そして、また、

払ったり、はねたり、真っ直ぐひく動きなど、

一画の動きがある。

それらの筆運びが繋がって、書が書かれるそうです。

確かに、カキラの動きは、

単なるポーズではありませんし、

ただ、ただ流れるように動いているのでもありません。

ひと動作、ひと動作に意味があり、

その動作が滑らかに繋がっています。

うん、確かに、書に似ているかも。

空間に書を書くイメージで、動いてみようかな。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください